Tデザイン社 西蔵電気筆録

沖縄県は八重山郡 石垣島に開設したデザインオフィスから発信する業務日誌改め、ドイツはミュンヘン市に居を移して発信する

0157-3329-0469 art.by.saizou@gmail.com

| CALENDAR  ENTRY  COMMENT  CATEGORY
ARCHIVE  LINK  PROFILE  OTHERS  RECOMMEND
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
チャリティTシャツを購入してくれた師匠への返信転載
師匠、ありがとうございます!XLを一枚、確かに承りました。
本日発送いたします。

思いはあっても、なかなかカタチに…。ボクもずうっとそうでした。
阪神大震災の時も、難病の子供がいても、飢えてる子供が世界中にいても何もできませんでした。正直な話、やっぱ他人事なんです。情報として頭で理解は出来ても所詮はモニターや誌面の向こうの話であって、自分の肌や感覚に触れるものがないのでそれ以上の命令を脳が下さないんでしょうね、きっと。『動くに当らず。まだ様子をみるべし』と。

今回ボクが動けたのは、やはり自分(嫁)の家族や一緒に旅した友がそこに居たってことと、あの圧倒的な破壊力をもった津波がボクの中に変化を引き起こしました。やばい。今回はやばい。あれにやられたら何もかもチャラになっちまう。いくら積み上げようと、貯め込もうと、作り上げようと、努力しようと何もかもがチャラに。くそ!チャラにはさせない。させちゃいけない。そんなふうに思いました。

こんな事をやってもあまり大きなパワーにならないのはわかっています。
所詮Tシャツです。でも世の中にはボクと同じ様な意図を持って、同じ様な活動を始めた人がきっと何十人も何百人もいるでしょう。それらの人たちがそれぞれのPRAY FOR JAPANのデザインTシャツを作れば日本中に広がります。そうしたら少しは復興や支援の力にはなれるんじゃないか。ともすると熱しやすく冷めやすいボクらのモチベーションを少しは上げる手助けになるんじゃないか。そう思いました。

PRAY FOR JAPAN。
祈るだけじゃ駄目なんで、祈り、思い、そしてどんな小さなことでもいいから皆がそれぞれの支援をしたなら、きっと東日本は復興できると思います。

長い長い努力が必要だと思いますが。

師匠、PRAY FOR JAPAN Tシャツのお買い上げありがとうございました。

                                                    saizou@T-design

| 10:40 | Tシャツ | comments(0) | trackbacks(0) |
善意とは言わない。他人のためとも言わない。皆が自分自身のことをちゃんと考えれば道はおのずと照らされるのだ
東北関東大震災から一週間。ボクは義援金を沢山集めることにした。

義援金集め。これはボクにとってこれまで一度もやったことがない全く新しい行動です。

今まで大きな災害やひどい事故や難病の子供たちを前にしてもボクは義援金を集めたことなどなかったし、精々が目の前に差し出された募金箱に小銭を入れるぐらいのことしかやったことがありませんでした。

勿論それはボクが生まれてこの方ずう〜っと低所得者層(!)に属していたからって言うのが一義的な理由だったりしますが、二義意的には他人からの評判や評価を優先的に考え、痛い目を見たり、後ろ指を差されたりしないよう小賢しく振舞ってきたことに起因します。

例えば募金集め。Tデザイン社という看板を背負ってそんなことをやったら売名行為だとなじられるんじゃないかとか、普段のボクが全然高潔な人じゃなかったりするので突如募金なんぞ集めた日には偽善者や詐欺みたいに言われるんじゃないかとかそんな危惧や心配ばかりが先に立ち、結局何もせず、ただ漫然と小利口な振りをして今日まで過ごしてきました。ま、それが功を奏したのかこれまで誰からも詐欺呼ばわりされたり偽善者として糾弾されたことはありません。

でもボクは誰の支えになったこともないし、誰かを助けたこともありません。誰に感謝されたり感激されたこともなく、基本的にはいつも傍観者。熱くもなく冷めてもいないぐらいの立ち位置で、理解ある大人の振りをしてきました。

でもそこに今回の震災が起きて、街をさらっていくあの圧倒的な大津波の映像と被災者たちの惨状を見せつけられ、それだけでも理解不能になりそうだったのに家族や友さえ巻き込まれているから彼らの安否を確認しようと毎日焦り続け、更には追い討ちをかけるような極めつけの人災が起こりました。卑怯で間抜けで腐っているとしか言わざるを得ない原発事故です。

何がどうなっちゃったのかわからなくなりました。どうしたらいいのかもわからない。ただ気持ちが焦り、困り、混乱するだけ。ボクの家族や友だけでなく、うちのスタッフの家族も地震に巻き込まれて安否がわからず皆が落ち込み、途方に暮れそうになりました。

でも家族らの無事が次第に判明し、少しばかり冷静になったらしく色んなことが見えてきました。自民党が構築し民主党が引き継いできた杜撰極まりない原発行政は言うまでもなく、圧倒的なダメージを受けた被災者たちの支援と復興のこと、地震後の石垣島観光の展望とその中で成立している自社のことなどです。簡単で楽観できる問題はひとつもなく、何もかもがうまく回りそうにもない問題であることはすぐにわかりました。

ならばどうするのか?
すべてが難しいと諦めるか。今までどおり傍観者を決め込むか。しかし、そんなことだって無駄であるように思えるんだからボクは又も弱り果てたし、加えて既にボクは傍観者でいる事に嫌気がさしている。ボクやスタッフの家族、友だち、そして家族や友の仲間たちを助けなかったらボクはボクでいられなくなる。いつの間にかそう思うようになっていました。

とてつもないダメージを受け、嘆き悲しみ途方に暮れている人たちを支えたいし力になりたい。そして支えるからには力強くなくてはならない。元気でなければ支えられない。もしボクが大きなダメージを受けて倒れている側なら、間違っても暗い顔をした貧乏臭い人に助けてもらおうなんて絶対に思わないし、深刻な顔をしていて儲かるのは政治家と小説家ぐらいのものであればボクがいつまで深刻ぶっていても何も始まらない!深刻な顔でPCのモニターを睨みつけても上手くいくことなんて何ひとつない!!

ボクはそう思ったし、そう感じたし、そう考えました。

わかった。
ボクはやるよ。感じたままにやる。考えたままにやる。石垣島で仕事をしていながら被災地まで行って仮設住宅を作ったり医薬品を運んだりすることは出来ないけれど義援金なら集められる。Tシャツを作ったりデザインしたりすることしか出来ないけれど、出来ることからやる。出来ることならなんでもやる。偽善者と呼びたい奴には呼ばせてやる。でもきっとそいつは被災者でもなければ当事者でもないし支援者でもない。ただの傍観者だ。傍観者になんか何を言われても構わない。例えそいつがどんな立場にある奴でも関係ない。ボクは被災者の力になれるならそれでいい。

だから今回チャリティのTシャツを作った。
製作費までゼロにして売上げのすべてを義援金に回せる余裕は今のボクにないけれど、もしこれらのTシャツが沢山売れて利益が出れば、今度は被災した人たちが本格的に復興に立ち上がった時にみんなの気持ちを盛り上げられるようなデザインやメッセージをプリントしたTシャツを作り、それを寄付できたら最高だと思っています。

これを読んじゃった皆さん、よろしく哀愁です。


●サイズ展開 S  M  L  XL ※子供用も作れます。(子供用も価格は同一です)
●価格 2000円 ※うち500円が義援金。生産枚数が増えれば更に義援金額を増やせます。 
●送料 500円(エクスパック500)もしくは200円(メール便、梱包材/手数料込)
●コンセプト 石垣島から被災地へ祈り、思いが届きますように。勿論義援金も!
●注文 メールにてお願いします。art.by.saizou@gmail.com
           石垣島の方はお電話も可 87-8283(営業時間11:00→20:00)

※デザインにある文字列のN24 E124の表記は石垣島の緯度と経度を表しています。
| 02:57 | Tシャツ | comments(0) | trackbacks(0) |
Pray for japan from N24 E124
 
今夜(3/17)石垣島で行われる音楽イベントのために友人からの依頼で急遽Tシャツを用意しました。東北関東大震災の被災者への支援と、震災に見舞われた各地域の復興を願ったメッセージTシャツです。というかチャリティーTシャツ。

PRAY FOR JAPAN。
ネットを使うみんなはとっくの昔にお馴染みだと思うけれど、ボクなりに被災者の救済と復興への願いを込めてRedesignしてみたんだ。from N24 E124はこのメッセージを発信してる石垣島の緯度と経度です。

勿論今夜のイベント用なんだけど、チャリティー用でもあるのでもし欲しい方がいたら下記のTデザイン社のメアドまでお問い合わせください。ちなみに島外の方のご注文には緯度の文字列を消してプリントすることも可能です。いただいたメールにご入金先を記載して返信いたします。

料金は送料込(エクスパック)2500円。
※うち500円〜800円(注文数などによって送料分が変わるため)は石垣市が集めてる震災義援金とさせていただきます。
サイズ展開はS.M.Lだけど言ってくれたらどのサイズでも対応可です。
ちなみに島内の方は送料要らないので2000円です。

メールアドレス art.by.saizou@gmail.com

Tデザイン社
代表 西蔵
〒907-0024 沖縄県石垣市新川297-1   Tデザイン社
電話0980-87-8283

石垣島から被災地へ!
ボクは動くぜ。偽善者といいたい奴は言え。不謹慎だと呼ばわりたい奴は呼ばわれ。
動かなけりゃ全員死んじまうんだ。死ぬ前にボクは動く。
| 09:46 | Tシャツ | comments(0) | trackbacks(0) |
キャッチコピーコンテストへのご応募お待ちしてます!

キャッチコピーって言い方チョットわかりづらいでしょうか。
ま、若い世代においてキャッチコピーなる横文字に馴染みのない方は少ないと思いますが、世代がチョイ上だとキャッチコピーに漠然とした意味しか見出せてない方も多いようなので冒頭より説明させていただきますね。

ってことで勝手に始めますが、キャッチコピーってくらいだからキャッチコピーの二つの単語から成る熟語でして、キャッチはそのまま「捕る」とか「つかむ」だし、コピーは成句。つまり『つかみの句』。

平たく言えば『人の気をひく言葉』ぐらいに考えていただきまして、さてここからがお知らせです。本年度、Tデザイン社を始め石垣島でTシャツ販売や製作を生業にしている17社が集まって南西Tシャツ倶楽部なる団体を立ち上げまして現在コピコンやえやまなとと称するコンペを開催中なのです。

大賞受賞者には賞金三万円の他、受賞作のキャッチコピーをデザイン化してTシャツにプリント。販売までやっちゃおうというローカルなりにそこそこの企画ってことで、これを読んでる八重山や沖縄ファンの皆さんはもとより地元八重山の皆様のご応募、ひとつよろしくお願いいたします!

テーマなんて特にないですが、一応「島を元気にする」ってのが基本路線でして、地域性溢れるものベストでしょうか。逆に言うと本土ローカルでも使えそうなコピーよりは島(島嶼エリア)ゆえのお言葉を寄せていただけると嬉しいです。

言語の制限もなし。字数だけ20字以内でまとめていただけるようお願いしております。締切りまであと二日。つまり七月一杯。発表は8月上旬を予定してます。
皆様のご応募おまちしております!
| 17:19 | Tシャツ | comments(2) | trackbacks(0) |
中学生 あなどれず
あなどれない… 
石垣島は川平(カビラ)中学校の生徒たちが作成したTシャツ2点。

このTシャツ製作は技術の授業として行われたもので、Tデザイン社にてプレス機等の使用機材の提供およびデザインデータの取り扱いなどで授業のお手伝いをさせていただいたわけですが、ボクはその話を先生側からいただいた当初、「中学校の授業でTシャツ製作ね。面白いじゃん。楽しそう。ま、でも生徒さんらはきっとTシャツプリントデザインとするのに困難を極めるであろうしょうもない絵を持ってくるんだろうなぁ。はっきり言っちゃえば『おいおい、勘弁してくれよw』みたいな事になるんだろうなぁ…ちょっと大変なことを引き受けちゃったかも」などの感慨を覚えたりもしたわけです。

しかしどうでしょう。
蓋を開けてみれば11名の生徒さん皆が作成してきたデザインはどれもこれもがあるじゃございませんか。自分の好きなもの興味あるものを表現すべくそれぞれが別々の技法や発想で絵を作ってきたのだから驚きました。「おい、マジかよ。そりゃ絵や線につたなさはあるが、なかなかどうして発想がいいじゃねぇか。誰かの真似じゃなく、それぞれがてんでばらばらな絵を作ってきたのはグッドだよ。川平の中学生おそるべしだな」ってな具合に。

しかしこれは何故なんだろうかと考えてみたわけですがイマイチわかりません。ボクが札幌の中学校に在学していたころはクラスの皆がそれぞれに自由な発想で絵を描いたりしたことがあっただろうかと考えてもみましたが、もっと硬直した考え方しか植えつけられなかった気がします。絵とは、こう描くべし。字とは、かくあるべしみたいな。

石垣島は確かに学力が全国的にもチョー低いところなのかも知れませんが、ボクはこれからの動乱や大きな変革を迎えるであろう時代に必要なものは学力や学歴よりも自由な発想とか個とかなんじゃないかと思っています。川平の中学生の皆さんの未来はきっと明るいぜ。高校生になってもTシャツ作りに来るんだぞ〜頼むぞ〜

ってことで、だからホントは此処に載せるべきは11点なんだけど全て並べるのはたいへんなのであしからず。
| 19:48 | Tシャツ | comments(3) | trackbacks(0) |
後富底周二オフィシャルTシャツ製作中
 
夜更けの波照間島にて時折催される周二師匠の星空ライブ。
お一人様2000円、五名以上のお客様が集まると行われるスペシャルギグだ。

このライブに参加できただけでかなりレアな体験をされているわけだけど、波照間島の夜を楽しもうという聴衆のみなさまに当該ライブを更にディープな記憶へと昇華してもらうべく、この不肖西蔵が星空ライブ用のオフィシャルTシャツを用意させていただくこととなった次第。

これ、今のところバックプリントは入ってない。って言うかフロントのビッグプリントをメインに考えているけれど、ま、これから周二師匠とプリント&デザインの詰めの作業に入っていきますので完成したらブログでまた報告しましょうね。じゃ。
| 16:13 | Tシャツ | comments(0) | trackbacks(0) |
撃沈魚雷発射準備完了の巻
ルースターズ トリビュート 
過日、ロッテマリンズの春季キャンプの取材で石垣島を訪れた某サンケイ新聞の方がTシャツを買いに来てくれた。売れたのは八重山代表駅伝チーム応援グッズのがんばれ八重山だ。

サンケイ氏は大勢ウケしないようなレアテイストなTシャツが大好きとの事で、がんばれ八重山を買った彼はガッツポーズのままTデザイン社前の五段組み階段を降りていったのである。よっしゃー!とか言いながらw

そんでもってボクはすっかり気を良くしたぐらいにしてこれまた大勢ウケしないであろう、かねてより制作中であったオリジナルデザイン撃沈魚雷を仕上げたって次第。淫猥な感じの魚雷と筆字が十字架となっているのがポイントだし、撃沈魚雷とは某バンドの楽曲であるからして彼らへのトリビュートでもあるのだよ。

サンケイ氏が気に入ってくれるといいなぁ。サンケイさん、またのご来店おまちしてます!
| 13:42 | Tシャツ | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/6 | >>
ツイート