Tデザイン社 西蔵電気筆録

沖縄県は八重山郡 石垣島に開設したデザインオフィスから発信する業務日誌改め、ドイツはミュンヘン市に居を移して発信する

0157-3329-0469 art.by.saizou@gmail.com

| CALENDAR  ENTRY  COMMENT  CATEGORY
ARCHIVE  LINK  PROFILE  OTHERS  RECOMMEND
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
抵抗を宣言する
中学3年の頃。
六時間目の授業が終わり、さあこれでやっと家に帰れるとホッとしていると決って校内放送で呼び出された。「三年五組の西蔵くん、ホームルーム終了後 数学準備室まで来てください。繰り返します。三年五組の   

ありし日は数学準備室だが、その翌日は国語準備室で、次の週は体育教官室だったり理科準備室だったり呼び出される先は色々だ。

なんで呼び出されるのかって ボクがメチャメチャ不良で 地域一帯を〆ていた非行少年の番長だったから、みたいなもっともらしい理由なんかではなくて、日を替えて繰り返し繰り返しボクを呼び出す教師らはただ単にボクを言い負かそうとしたのだ。生意気なくそがきを説得しようと試みたのである。けれどボクは生半(なまなか)には陥落しなかったので彼らは次々と手を替え 品を変えボクの前に立ちはだかったってわけだ。

じゃ何故にボクが教師からターゲットにされなくてはならなかったのか?

その理由のひとつはボクの糞生意気な態度にあったのは確かだった。中学生にはありがちな事であるが当時のボクは完全に大人をなめていたし、こちらとしては無理解極まりない世の大人たちと闘っている気でいたから好戦的な態度を隠したりはしなかった。

加えて教師らが反応したのはボクの生意気な態度ばかりではなく、ボクが執拗に訴える主張に呼応したのである。なんなればその主張とは現行の社会的慣習や制度の否定であり、現行の教育のありかたへの批判であり、恥ずかしいぐらいにバリバリの理想論をボクがぶちかますが故に、公務員というカタチで現行の社会制度に上手に乗っかりそこそこ上手くやってる教師らにしてみれば自身の息子ほどの若年者からの批判に甘んじるなんて選択肢がある筈もなく、彼らは緊急措置的に結集し、教師団を結成し、職員室の片隅でスクラムを組んだぐらいにして意思と態度の統一を図った後に寄って集って中三のボクを説き伏せようとしたわけだ。

ま、好意的に捉えるならば彼らはボクの先行きを案じてくれたのかもしれない。「こいつ、このまま大人になったらヤバイでしょ。社会の中でやっていけないよ。間違いないよ。中学生の今のうちに考え改めさせてやんないと。ね、みなさん」ってな事だったのかなと思わないこともない。実は、ボクを毎日呼び出す彼らの態度はとても真摯だったし、友好的な雰囲気の中で毎日のディスカッションは行われたのである。

しかしボクにしてみたら彼らはやはり敵軍の将兵でしかなかった。なんなれば彼らはボクが主張展開する青臭い理想論に一定の理解を示しつつも基本はそれを否定する態度を決して崩さなかったのである。例えばこんな調子だ。

「え?なになに。暗記能力が高いのと学力が高いのは違う筈だって?そりゃそうだ。確かに西蔵が言うように記憶するのと考えるのは別もんさ。それに間違いはない。でもな、オマエがそう言ったからって受験制度が変わるのか?変えられるのか?変えられないよな?な、そうだろ。オマエがいくら声を大にして今の受験制度は変だ〜、おかしい〜、腐ってる〜、なんて言ってもなぁ〜にも変わんないのだよ。制度とはそういうもんだ。わかるだろ?じゃ、その制度を利用したらいいじゃないか?批判しても何も変わらないのなら利用したらいいんだよ。な、わかるだろ。え?なに?利用なんかする気はないってか?そんな話をしてるんじゃないってか。そう言われても俺も困るんだよ。俺が受験制度を変えてやれるわけじゃないからな。わかるよな。先生の言うことわかるだろ?な、西蔵」

ま、確かにわかるんだけど、分かりたくない。
誰かに変えて欲しいなんて思ってないし、変えるのが簡単だなんて夢見てもいない。ジョンレノンが叫ぼうと清志郎が歌おうと、はたまたキング牧師が暗殺されようと変わって欲しいものが変わってくれたわけじゃない。

ちっとは動いたかも知れない。ま、でもほんの僅かだ。たいした動きじゃない。全体を俯瞰してしまえば見えるか見えないかわからないぐらいの小さな動きだ。

例えばジョンレノン。清志郎。不遇を囲っていたとは言わぬまでも彼らの晩年は多くの批判に晒されていて、特にジョンレノンなんて「オノヨーコのせいで落ちぶれた」だの「才能は枯渇してしまった」だのと散々っぱら言われ放題言われていたのに、死んだ途端にいきなり世間の皆さんは英雄視するからボクは随分と驚いたんだ。『なんだよそれ。じゃ、生きてる間に大いに支持してやってくれよ。死んだあとにいくら英雄に祀り上げたところで彼はもう二度と俺らの前に立てもしなければ言葉を発することもないじゃないか。糞っ。面白くねぇ。全然、おもしろくない。死んだ奴をいくら祀り上げたところでなんの意味もない。なんの実効性もない。そう。実効性がないからこそ皆はこぞって祀り上げるんだろうな。清志郎だってそうだ。生きてるときは彼が歌う反原発ソングを多くの人が支持もしなければ注目もしなかった。為政者を敵に回した彼のアルバムを多くの人が買わなかった。むしろあの時期から彼を公然と批判する連中が増えたぐらいなのに、でもやっぱり死んだらまたまた英雄視するって寸法だ。実効性がなくなった人を選んで英雄に祀り上げる方式にはいい加減まいるね。どうもこうもないね。結局のところ誰も何も変える気なんて本当はないわけだな』そんなふうに毒づきつつ辺りを見渡してもやっぱり何も変わらない日常と社会と世界がそこに でんっとある。

そういうわけでボクは死ぬまで分からず屋の青臭いガキでよいと思っている。今後の人生を小利口に振舞う気もなければ賢人だの偉人だのになりたいとも思っていないし、なれるとも無邪気に思ってないし、ましてや『世界を変えた10人』なんてキャッチコピーを付けられて有名月刊誌の表紙を飾るような人種になりたいとも思わない。

ボクは、小利口で小賢しくてクソものわかりわるい教師たちから目を付けられたり、厄介者扱いされたりする人間として一生を終えてよいと思っていて、そんな教師連中の親玉たる為政者に対する抵抗運動を生涯続けられるならそれで本望だし本懐なのである。何も変わらなくても抵抗は出来る。

抵抗こそがせめてもボクの良識だ。


| 02:02 | 東北関東大震災 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| 02:02 | - | - | - |
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://soulfactory.jugem.jp/trackback/438
<< NEW | TOP | OLD>>
ツイート