Tデザイン社 西蔵電気筆録

沖縄県は八重山郡 石垣島に開設したデザインオフィスから発信する業務日誌改め、ドイツはミュンヘン市に居を移して発信する

0157-3329-0469 art.by.saizou@gmail.com

| CALENDAR  ENTRY  COMMENT  CATEGORY
ARCHIVE  LINK  PROFILE  OTHERS  RECOMMEND
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
かかるところ人は見た目なんだと思う 〜人間はヤドカリとよく似ている〜
 見た目。外見。みてくれ。風体。表す言葉はなんでもいいのだけれど、道行く巷の方々を注意深く観察するのを趣味としてからかれこれ四十年。人の形(なり)や言動なんかに焦点を当ててやるに、世間一般で運勢とか運気とか呼ばれているものの正体がボクにはおおよそつかめてきたわけで、それは一体なんであるかと明かすに実は『見た目』とか『みてくれ』だったりする。

なんのひねりもなくて申し訳ないけれど、見た目こそが当人の背負うもの(運だの運気だの徳だの才能だの)を徹底付けているのです。

これを読んでる人の中には「ん?じゃ何か?あごの骨削って、シリコン入れて、まぶた切開して整形するとか高価なセレブ服を着るとか、最先端アイテムを身体中にフル装備するなどすれば誰もが運気良くなるのか?運勢が開けるって言うのか?そんなわけねぇだろ、くそボケがっ!俺なんてな、着るもんに毎月どれだけ金使ってると思ってんだ!畜生め」などと涙目で突っかかってくる人も中にはいるかも知れないけれど、ボクがここで言う見てくれとは衣装の値段の高低なんかじゃありません。高い衣装を身に着けるだけで運気も運勢も人徳も高まるのなら誰も苦労なんかするわけないんだから。

そうじゃなくて、ここで言うみてくれや外見や形とは、口癖とか姿勢とか目線の動かし方や強さとか歩き方とか行動パターンとか衣装の着こなし方とかそれらを指しているのであって、決してお金の掛け方を問うてるわけではありません。

ボクは人生相談師じゃないので人とはなんぞやとやったり人生を説いたりしないけれど、認めようと認めまいと人は皆 みてくれのようにしか成れないのは間違いなくて、例えば仕事も人生も異性もうまくいかず恨み言ばっか口にして しょぼくれてる人の元にある日突然大金が舞い込んできたり、スーパーでビッグな仕事の話が舞い込んできたり、二度と得難きすばらしい出会いがあったりするかと言うとまずもってそんなことはあり得ないわけで、そこまで極端ではなくとも例えばイマイチ他人から信用されない人は誰かと喋る時に目線が泳いじゃってるのかも知れないし、故障が多い怪我が多いとやってる人はやっぱり姿勢が悪かったり体の使い方がおかしかったりする。



で、石垣島あたりの海辺に行ってヤドカリの群れを見ている時にこんなことを連想するわけです。
渋めの模様の貝殻を背負った奴。
緑色と白のコントラストが綺麗な殻のやつ。
赤い殻のやつ。
ペットボトルのキャップを背負ったやつ。
ビールの王冠を背負ったやつ。
細長い殻のやつ。
まるい殻のやつ。
でかい体のくせに妙に小さい殻を背負ったやつ。
割れた殻を背負ったやつ。
すぐ殻に隠れてなかなか出てこないやつ。
逆にほとんど隠れようとしないやつ。
おお〜、人みたいやないか〜。おもろいなぁ。
うん、おもろいおもろい。人じゃ、おまえらは人と一緒じゃ。

なんてことを思ってるうちに八重山石垣島の夏は終わり、久しぶりのブログ更新を細々と控えめに行う今日この頃です。
| 10:11 | - | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| 10:11 | - | - | - |
Comment








お久しぶりです。少しは落ち着かれたように見えたのは、幻でしょうか?(笑)
久しぶりに更新されたブログから、何か優しさが伝わってきて、にんまりしています。
ほんとにそのとおりだと思いますが、世の中の人はその見てくれが解らない人が多いように思います。特に「長」というのが肩書きにつく人とか(笑)

ちょっと話はそれますが、昔スプーン曲げをしてみようと思い、がんばったことがあります。でも曲がりませんでした。なぜ、曲がらないかをよくよく考えたら、その時は貧乏で、一つしかないスプーンを曲げてしまったら、もうスプーンがないからだということに気が付きました。結局やりたくない想いがあるからだと・・・今はスプーンも沢山ありますが、曲げたから何?ってなるので曲がりません。
でも一つ自分でもギフトかと思うことが一つあります。じゃんけんをする時思えば相手が出すのが見えるようになったことです。くやしい思いをしたからでしょうか?心の底から願ったのでしょうか?なんともなぞですが、潜在意識の存在を再々認識するきっかけになりました。自慢げに話してしまいましたが、10人勝ち抜きした時は気味悪がられましたし、バラした旦那には通用しません(笑)そして、じゃんけんをする機会がほとんどないので、今どうなのかはわかりません(笑)
でも、何かそこに真理に近くヒントがあるのではないかと考える日々です。
あ〜じゃんけんで、総理大臣に勝ったらゆーこと聞いてくれるとかあれば、行くんですけどね〜。(笑)
じゃんけんでおこまりのことがあればおっしゃってください。無償で承ります。
posted by 香 | 2011/10/04 11:10 PM |
やややややややや、お久しぶりぶりです。
少しは落ち着いたと思います。と言うか無理やりにでもそう思い込もうとしています。どんなに落ち着いていなくても表面上はそう繕わなくては…

と言うか最近は、わが社のデザインスタッフの女子(福島県出身)もだいぶ落ち着いて仕事に向える体制が整ってきて、今はその彼女がバリバリ戦力になってくれているので不出来な社長は随分と楽になったわけです。
4月5月6月あたりは死んでましたから。はい。
その節はご迷惑をおかけしてあいすみませぬ。

で、みてくれの大事さをわからぬ盆暗の長が巷に数多いのは間違いないですね。経歴とか肩書きとか能書きとか、そんなものしか見えない阿呆が多すぎです。はっきり言って。

スプーンは曲がりません。いまだかつて一度も曲がったことはありません。ジャンケンで、相手が出す種別を瞬時に感じ取る感覚は理解できます。とても微妙なんですが、その感覚に入れると何連勝でも何人勝ち抜きでもできます。でも邪念みたいなものが頭のかたすみに生まれた瞬間にその感覚がわからなくなります。『あれ?さっきまでどうやってたんだっけ???」みたいに。

で、最近は邪念しかないのでジャンケンにまったく勝てません。ま、昨今は人とジャンケンする機会もめっきり減りましたが。

posted by saizou | 2011/10/06 12:08 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://soulfactory.jugem.jp/trackback/451
<< NEW | TOP | OLD>>
ツイート