Tデザイン社 西蔵電気筆録

沖縄県は八重山郡 石垣島に開設したデザインオフィスから発信する業務日誌改め、ドイツはミュンヘン市に居を移して発信する

0157-3329-0469 art.by.saizou@gmail.com

| CALENDAR  ENTRY  COMMENT  CATEGORY
ARCHIVE  LINK  PROFILE  OTHERS  RECOMMEND
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
何はともあれギネス記録達成には祝辞を送りたい
 前々々々回ぐらいに批判記事を書いた石垣島BBQ大会が先日 予定通りに執り行われ、記録挑戦の現場にてすったもんだの二つ三つあったものの、催しの目的であったギネス記録を無事達成したようなので本稿は祝辞で記事を埋めてみようかなと思う次第。

おめでとうございます石垣島!
って言うよりは、おめでとう石垣市長。おめでとう石垣牛の生産者の皆さん。ご苦労様でした石垣市商工会や市職員の皆さん!ってところが実際的なわけで、この催しへの批判記事を書いたボクなどは完全に門外漢だし、先日も某所で市長に出くわした際に挨拶をしたところほぼスルーされる有様であるから気分的には祝辞を述べる気になどならないのだけど、そこは、ま、社会人として抑制をぐっと利かせてみようと思います。

石垣島BBQ大会当日、そんな経緯ゆえにボクはBBQ会場へ行く筈もなくて、所用にて出向いた先々で旧知の方々とお会いしたわけだけど、当然のごとく挨拶に続く話はBBQネタ。彼らにしてBBQ大会へ行かないくらいだから大方のところのBBQ大会批判組だったりして、彼ら彼女らがそれぞれに語る批判理由は大別すると二通りでした。

いわく。金(税金)の使い方がおかしい。変。
石垣牛の宣伝・観光誘致のための恰好の材料などと言うが開催理由として全然釈然としない。費用対効果の試算がちゃんと出来ているのか?開催二日前になって四倍にのばせる串の長さ競争になんか意味があるのか?と言う具合の理論派が第一組であり、続く第二組は311の震災と原発事故を憂う感傷派とも言うべき人たちです。

いわく。ついこの前、何万人もの隣人が非業の死を遂げ、何十万人の人たちが食うや飲まずの生活を強いられ、その悲惨な状況を考えるにBBQ大会だの、一万人で石垣牛を食らい尽くすだの、骨投げ競争(このイベントは大会前に批判に晒されて骨がレプリカに変更となる)だのと諸手を挙げて心の底から楽しめるわけがない。開催はせめて来年(311から一年の喪が明けて)にして欲しかったというもので、これらの意見は女性に多かった印象があります。

ま、言っちゃえば何をどう企画しようと催そうと批判は必ずついて回ります。それは確かです。しかし今般のBBQ大会の企画運営にたずさわった方々がそのような言い草で批判と正面から向き合わないのであれば、その意義や宣伝効果や経済効果において今回以上のイベントは出来ないと知るべきでしょうね。と言うかボクはそう断言しておきます。

素朴な疑問ですが、ギネス記録なんて今どき誰が注目するのでしょうか?

ま、もし仮に一定数の注目があるとして、そんなものは記録の更新と共によそに移っていくだけのこと。ましてや今イベントはほとんど地元しか集まらなかったわけで、一部マスメディアの取材や問い合わせがあったにせよ、その開催費用と開催のために掛けた手間と時間を考えれば大きな宣伝効果があったとは言い切れないのではないでしょうか。

終わってしまったイベントをくさすほど野暮じゃございません。でもね、反省と総括は必須でしょう。反省のないところに進歩もないし、批判のないところには変化も成長もありません。ま、もし大会主催側の皆様が『今大会は大成功だった!すごいよ俺ら!大したもんだろ!俺たち最高!!!』みたいに思ってるのならボクは何も申し上げません。どうぞ自画自賛のぬるま湯にゆっくりと浸かっていただき、できればそのまま湯船から上がらないでいただければ、なんて思う次第。

否、妙な嫌味は無用でしょう。BBQ大会を成功に導いた皆さんはきっと大いなる批判と反省にその身を晒し、来期へと続く同イベントを更に良いものに、更に意義深いものに、もっと多くの人が楽しめるよう既に準備は始まっているのであろうとボクは確信しております。


今般の大BBQ大会の成功、本当におめでとうございます。
中山市長、今度お会いした際はこんな面倒くさいことをいう男ではございますが、一瞥くれてやるだけでなく どうぞ握手のひとつもしてやってくださいまし。よろしくお願い致します。

BBQ大会前に批判記事を書いた手前、これをもって一応のけじめとさせていただきます。
石垣市職員の皆様と石垣市商工会の皆様の更なるご活躍を期待して。




| 21:03 | 石垣島 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| 21:03 | - | - | - |
Comment








全国で同様のギネス挑戦があると思いますが、市長さんはどれほど把握されているのでしょうか?私はニュースで見ても右から左でまったく記憶にありません。その地域にしか知名度がなければ宣伝効果は0です。
強制的に協力を強いられた皆様にはご苦労様でした。
posted by ミルクユガフ | 2011/12/09 12:47 AM |
ミルクユガフ様
コメントありがとうございます。
裏書的に申し上げると、市長ご本人はこのBBQ大会に当初あまり乗り気ではなかったようです。表の部分では彼が率先して立案したような事にはなっていますが、やはりそこは政治の世界のこと。若い市長のことですから当然ながらいろいろお取り巻きもいらっしゃいますし、そのお取り巻きの中には先輩後輩老年若年親戚友人等等、力関係やら義理やらメンツやら様々にあってお断りできない筋のものもあったのでしょう。そういう中で彼は最大限の努力やら調整やらに勤しんでそれなりの結果を出したのは確かなのでそこんところにはねぎらいの言葉を斯けてさしあげたいとも思っています。

が、しかし。彼はやはりこの島の首長であります故に、当イベントの総括はしっかりやっていただかなければなりません。『がんばった頑張った!よくやった!』だけでは済まされないのは言うまでもないでしょう。この時期に、この内容で、この規模で、このイベントをやるべきだったのか否か。どことどこが良くて、何が悪かったのか、失敗だったのか。直すべき点はないのかあるのか。同じ意義を果たすために他の方法はなかったのか。そこらへんをしっかり総括して更なる石垣島の発展のためにご活躍していただけるよう願うばかりです。

ま、なんであれギネス記録ってのはチョット手垢が付きすぎていて私個人としては『?』でした。デカイ予算でもつけられて華々しくドカーンとやれるんならまだしも、低予算で各方面に色々と無理スジ通してやるのであればもっとやり方があったのは確かですから。

ま、今回の1番の成果は『失敗』しなかった事ですね
posted by saizou | 2011/12/09 8:58 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://soulfactory.jugem.jp/trackback/460
<< NEW | TOP | OLD>>
ツイート