Tデザイン社 西蔵電気筆録

沖縄県は八重山郡 石垣島に開設したデザインオフィスから発信する業務日誌改め、ドイツはミュンヘン市に居を移して発信する

0157-3329-0469 art.by.saizou@gmail.com

| CALENDAR  ENTRY  COMMENT  CATEGORY
ARCHIVE  LINK  PROFILE  OTHERS  RECOMMEND
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
社会のピラミッドの上のほうで資本を動かしてる連中を肥やすために自分たちが借金漬け、ローン漬けになってるのにも気づこうともしない最早ただのシャブ中みたいなおじさんおばさんが垂れ流す戯言で耳に鮹ができる寸前
貨幣の本来的意味やその本義本質を知ろうともせず、マネーに溺れ、マネーに隷属して、社会のピラミッドの上のほうで資本を動かしてる連中を肥やすために自分たちが借金漬けローン漬けになってるのにも気づこうともしない最早ただのシャブ中みたいなおじさんおばさんが垂れ流す戯言で耳に鮹ができる寸前のこんなぐだぐだ世界はそろそろ終いにして次なる次元に突入してしまいたいが、なかなかそうもいかないだろうからボクも今少しアイディアと考えと態度を更新しなくてはならないだろうね。

ある意味、楽観していた。
ある意味、諦観していた。
なるようにしかならないし、ならないようにもならないと放置プレーに出ていた。

だが、どうだ。楽観も諦観も放置もこのままじゃすべてが無効にされそうな勢いで世界は逆に回っている。逆回転を始めている。この世界じゃ年間で百万の単位で自殺をし、同じぐらい車に轢かれて人が死に、朝から晩まで働いても家族を養えない人が何億人もいる。惨状とも言えるこんな世界は我々が猿からヒトになって以来初めてだろう。

我々は悲劇の中にいる。
働いても食えない。朝から晩まで働いて、ほんの少しの余暇を与えられてそれで満足せよと押し付けられ、不満を覚えないようにテレビの馬鹿番組と石油で作られた食物の飽食で脳みそも五臓六腑も麻痺させられ、死んだら死んだで内蔵だの眼球だのを取替用に取り外され、さっさとガス窯で焼かれて終わりになるかと思いきや遺族は戒名だ葬式だでバカ高い金をふんだくられる。これが悲劇でなければ喜劇だ。それもかなりブラック度の高い喜劇だろう。

ヒトとしての黎明期。ボクらは医療も持たず細菌学も知らず、死は恐怖以外のなにものでもなかったかも知れない。繁栄と呼べるほどの人口増もなく、人は森の外れでひっそりと生きていたのかも知れない。でも原初のヒトには時間があった。澄んだ湖面を家族で眺めたり、皆で倒した獲物を囲んで語らう時間があった。家族や友の死を何日も何日もかけて嘆き悲しむ時間も、子供の誕生と成長を生涯かけて歓べる時間もあった。

人類学が明かした近年の研究では原初のヒトが狩猟と採集にかけた時間は日に2時間程度であったらしい。それがどうだろう。ボクらは今、一日の半分を仕事に費やしてやっと生き存えている。一週間七日のうちの大半を働くことでなんとか食いつないでいるだけだ。

豊かになったなんて言うがボクらが口にしている野菜の多くは痩せた土に化学肥料と大量の農薬のおかげで収穫できた味気もなく栄養価の低いもので、肉は成長ホルモンで肥大させたものだ。加工食品と呼ばれるものの多くはどこぞの工場のラインで白衣と手袋とマスクとキャップで全身を覆いどこの誰かも最早わからなくなった人たちがそれこそ機械のごとく単純作業を繰り返して作ったものであり、近年の偽装事件を例に引くまでもなくその材料も調味料も添加物も実際は何が使われているのか実態は不明と言わざるを得ない。

ここ二百年で加速度的に発達した医療と科学は本当に豊かさと繁栄をもたらしているのだろうか。繁栄の果実を享受しているのは実は一部の特権的な位置にいる人たちだけで、我々は彼らが放ったまだ少々果肉の残った皮を拾い集めているだけなんじゃないだろうか。果実と良く似たフェイクを結構な値段で買わされて「手に入った!手に入った!やった!やった!」と糠喜びしてるだけなんじゃないだろうか。
ボクはそこを真剣に疑問に思っている。

その答えは当然すでに出ているわけだけど






| 22:41 | 立派な大人のための童話 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| 22:41 | - | - | - |
Comment








こんばんは。
先日事務所でTシャツを購入させていただいた者です。

オリジナルTシャツを作りたいと思ったのですが、ホームページ等が見当たらなかったのでこちらへのコメントで失礼します。

私の働くレコード屋が一周年になるので、Tシャツを作ろうと思っております。
御社のTシャツのデザインがとても気に入ったので、是非お願いしたく思っております。

また、ここに御連絡先などを記載していただけると助かります。

メール等での取引をやっていない場合は無視してください。

岡崎
posted by 岡崎 | 2012/05/25 12:41 AM |
岡崎様へ
ご連絡ありがとうございます。実はブログタイトルの下部にあるプロフィールをクリックすると、Tデザインの連絡先が出てくるようになっていますが、少々わかりづらいかも知れませんね。失礼しました。

ネットやメールでのお取引しておりますので、なんなりとご注文ください。一応書いておくと、メアドは art.by.saizou@gmail.com です。電話番号は0980-87-8283 になります。ご連絡お待ちしてます。
posted by saizou | 2012/05/25 3:55 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://soulfactory.jugem.jp/trackback/477
<< NEW | TOP | OLD>>
ツイート